« 2009アジア・パラアートTOKYOのおしらせ | トップページ | 日下文さんの展示見てきました »

東海伝統工芸展いってきました!

あじさいの花が美しい季節になりました。
今年も静岡松坂屋で恒例の「第40回東海伝統工芸展」にいってきました。
東海伝統工芸展は日本工芸展の東海支部によって行われる公募展で、審査はかなり厳しいものと聞いています。東海は瀬戸、常滑、美濃など陶芸の熾烈な支部でもあり、さすがに完成度の高い見ごたえのある作品の数々・・・。

今回は女子美卒の先生の作品は二点。
会場入口の真正面に展示されていたのは、中山ヤスコ先生の作品。
中山ヤスコ先生の近作は、華やかで、星が瞬くようなキラキラとした色彩表現が印象的でした。今回は、金のグラデーションの美しさにラピスラズリの色彩がピリリと効いた東洋神秘を想わせるオリエンタルな表現で、会場を華やかな雰囲気にさせていました。中山先生は、15年前、現女子美同窓会静岡支部を立ち上げた方で、静岡の女子美生の活動にに多大なるご尽力を注がれています。もちろんご自身も、静岡で金工作家して制作を続けていらっしゃいます。現在告知中の○月からはじまる「静岡国民文化祭」工芸部門の審査員でもあります。

もう一点は堀川展さんの作品。大輪の真っ赤な花が純白の余白に美しい作品でした。お目にかかったことはありませんが、もしお目にかかったらこの赤の色はいったいどういう色なのか、ぜひ聞いてみたいと感じました。

文:日下文

« 2009アジア・パラアートTOKYOのおしらせ | トップページ | 日下文さんの展示見てきました »

個展・展覧会」カテゴリの記事