« 「遠州横須賀街道ちっちゃな文化展」ご案内 | トップページ | 第34回 静岡県工芸美術展 はじまります! »

遠州横須賀街道ちっちゃな文化展

20081024 初日のお昼過ぎ、13:00から開始と聞き、小雨の中、遠州横須賀街道ちっちゃな文化展に行ってきました。「昭和」の雰囲気の漂う町並みは何処も懐かしく感じ、その道沿いの商店も個人のお宅も、みんなが作家さんたちと協力してイベントを楽しんでいる感じが素敵でした。

森妙子+sennsenchiの展示は地雷撲滅をテーマにしたもので、手榴弾や地雷が、ドライにした白いアジサイの花に囲まれ、頭上には義足が数点吊られていました。本物の義足を展示のためにお借りしたそうです。見てみると、木製のもの、金属のものなどしつらえは様々で、現地の人が身近にある素材で作ったとの事、大変重いのだそうです。入り口には戦争に対するメッセージの書いてある正方形の紙があり、見に来た人が折鶴をそれで折ってアジサイの中に置いていく・・・代わりに花を貰っていって、最後には折鶴だけ残るといいなぁと森さんはおっしゃっていました。

この遠州大須賀街道ちっちゃな文化展は今年で10回目だそうです。こういう地域に密着した文化イベントが長く続いていくことこそ、素晴らしいことだなぁと感じました。

(文・写真 稲垣有里)

« 「遠州横須賀街道ちっちゃな文化展」ご案内 | トップページ | 第34回 静岡県工芸美術展 はじまります! »

個展・展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「遠州横須賀街道ちっちゃな文化展」ご案内 | トップページ | 第34回 静岡県工芸美術展 はじまります! »